ワークショップ inTAIWANその3

カリグラフィー好きの皆様こんにちは😃

台湾続きです。
私たち一行は‘千と千尋の神隠し’に出てくる建物のモデルで有名な九份(キューフン)へと移動。
人がごった返し。日本人観光客も多いです。
漢字だけの看板が並びます。
台湾のスウィーツを食す。 芋圓。紅豆湯の中に入ってお汁粉みたいなお味です^_^

職業柄、パッケージの文字が気になります。ふむふむ。
粉と混ざったお芋を切ってます。
お店の歴史を説明して下さる顔社長と今回アシスタントとして同行して下さった生徒の渡邊さん。このお二人無しでは今回の旅は成し遂げられなかったです!大変お世話になりましたm(_ _)m
お店を出るとまた人混み
横を見ると落書きだらけのトンネルの入り口
隙間無くビッシリと書かれてます👀
そのトンネルへと進んでいく顔社長。逸れないように私達もついていきます。
ババーンっと店の看板。
中に入ると調度品が並べられ
お茶の時間。この高級鉄観音茶が感動モノで美味しい😂ご覧の通り顔社長が説明しながらお点前してくださいました。
窓際の席の眼下に広がるのは、、、
あの温泉旅館のモデルがっ!!
ちょい下にある別レストランも賑わってます。
この日は霧に包まれて港がよく見えない。
がしかし、帰る頃にサァーっと晴れ間が見れて
ご覧の通り😉
ツイてる!

続きはその4で。

‘魅せるカリグラフィー’
ヨウコフラクチュールでした( ´ ▽ ` )


0コメント

  • 1000 / 1000

Frakturブログ

ゴシックの本場ドイツで学んだ カリグラファー「ヨウコ フラクチュール」のブログ☆