サラサラっと書いてる風。でも実は

カリグラフィー好きの皆様こんにちは

今日は初級者クラスのカリキュラム
'イタリック応用'
より。


ここでは
基本イタリックの飾り付けの
方法を学んだり
(別名 フローリッシュイタリック)
文字を形取る カリグラム
を学んだり出来ます。

さらに今回は
もっと文字で遊んでいただきたく

「ロゴ風」
なデザインにも挑戦。

最初に色んな案を出した後
デザインを選出。

決定!
はい おしまい(^ν^)

ではなくて
ここからがある意味スタート
Σ(゚д゚lll)?‼︎


何度も何度も
繰り返し
書き込んでいきます。

それは・・・
ちょっとした筆圧の違いや
筆の向き
インクの量
紙の擦れ具合

などの違いで
文字の趣が異なってくるからなのです。

それは丁寧に書き直す
というのとは違い

デザインが'しっくり'くるまで
という感じ。


書いたら少し置いておき
時間が経ってからまた見直して
熟考。


そしてまた書き直す。
その繰り返し。


一つのロゴが誕生する頃には
部屋中にデザイン紙が散乱しています。
手書きならではの
カリグラフィーあるある
ですね。


生徒作品
By Tomoko Ikegami

’魅せるカリグラフィー'✨✨✨

フラクチュールでした( ´ ▽ ` )ノ

0コメント

  • 1000 / 1000

Frakturブログ

ゴシックの本場ドイツで学んだ カリグラファー「ヨウコ フラクチュール」のブログ☆