デッサンの時間

上級者コースになると

書体だけではなく
絵のデッサンも授業のカリキュラムに取り入れてます。

絵心ある方や美大卒の方には必要のない
レッスンかも知れませんが

「絵が上手くなる」

というよりも
シャーペンの芯のグラデーションや
線の柔らかさを

「意識する」

という事が 目標です。

これによって
生徒さんのデザイン力は確実にupし
今後の作品作りに大いに役立ってくれるのです。

いわば  “意識革命”  のレッスン。

参考例 (講師作品)
シャーペンの芯5種
 2H、H、HB、B、2B
を使用して描いたもの。

こちらは生徒作品。
古い文献の模写です。
細かい線の意識革命が出来るようになりました(^-^)/







0コメント

  • 1000 / 1000

Frakturブログ

ゴシックの本場ドイツで学んだ カリグラファー「ヨウコ フラクチュール」のブログ☆